中国ネット小説2CHread.com

第8章良い治療法を求める

    一番早く更新召喚最新章節の寵児!

    はあ!はあ!はあ!

    一面の密林で楚枫立回りのけいこをしている。

    彼のような指フック錐ようように、曲を直、雲竜を探る爪、気象ユウジ森厳、招式精奇変幻。

    瀋が大声をあげる、突然またスタイルを変え、只鳞片爪、とぎれとぎれに、なお顕ぼんやりしないよう、捉え。

    「ないですね、かすかない跡跡、神龙见首ない見尾!坊ちゃん、あなたは天才です、たった5日を握った手の精义雲竜、ゴホン……」

    遠くに、たれの木の辺休みの楚义大喜ぶ。

    下船に数十の内外の後、楚枫が楚义雲竜手を自分に伝授する。

    これは何百軒の大誌を広く集める所長にではなく、彼の現在の技を身につけなければならないのはあまりにも単一で、清濁合わせて呑む。

    身を持っていることのできる、雲竜手の参悟にはめざましく発展する。

    まして八方名動ランキング発表天下英豪殊勲卓絶した技芸ランキング品定天下武、天地玄霊4品、雲竜手に上ることもできない霊、つまり凡品。

    だから楚义大感を喜ん楚枫はとても冷静。

    彼は自分の武素質が高く、決してそんな学が、あっと言う間に精の天才。

    現在に頼るのは、北冥神功吸収できるのは雄渾。

    彼がほしい武道道を歩くのが遠くに、しっかりしっかりしなければならないゆえ、が夜鷹の宵だくみ。

    だからせめて雲竜手は詳しくて深い武功、依然としてトレーニング無比まじめ。

    「坊ちゃん、義のおじさん、食事とか!」

    何度も鍛えて、茂みの中で出る小できるの頭を、1枚のほこりだらけの顔に代わる前の美しい顔立ち。

    「お疲れ様でした!」

    楚枫うなずいて、非常に喜ぶを持ってこの小娘。

    三人下船し、しようと最近の寧武町が、まだ入町、発見した手配リスト更新、その突然楚枫の画像が、すぐ避けてにぎやかな町を歩いて、山道の密林。

    こんな逃亡の道はは過酷、子に臥し寅に起くる、野外で寝泊まりする。

    楚义武功を尽くし楚枫廃、地上からの実の重荷を探して、自然におさえて小さな肩にできるのは。

    「公子、これからどうする?小できるでいを恐れて、次は見つからないで食べた……」

    工面が終瞭した後、ホコリの小さいできる果実をかじりながらながら、はか細い声で。

    付き合って数日、楚枫も発見して彼女は軽食品、口が馋は、下女は船の上での条件といい、今お腹がからからに、どうもを苦しめる。

    楚枫考えました、「このままでは確かに仕方がないし、変わらなければならない策。」

    海竜の町で手伝って勢力で、彼らは指名手配されていないようにみえる、野外露出人家を避けるために、高、安全係数が多く、相手いったん出動本当の追跡の専門家、三人の姿を隠したり人生っていいことばかりじゃない。

    人がいないで隠して、輓回する余地がない、いったん追至達人は、彼らが命を落としたとき。

    少し考えてから、楚枫突然「義伯、驚神玉とは一体何か、こんな日鳥ドアを?」

    楚义顔色マイクロ変わって、しばらく瀋黙がため息を「坊ちゃん、あなたは驚かし可聴た神宗?」

    楚枫摇を。

    楚义ゆっくりと本場:「驚神宗乃は前の王朝の護国宗門、聖地と呼ばれ、千年という伝承、惜しい天下の大勢、王朝交代のうねりの中で、結局も帰て土に、この驚神玉は、ドアの弟子がつけて玄宗玉ました。」

    楚枫奇道:「それにしても、神はびっくり玉じゃない珍宝でしょう、値しますか?」

    彼にしてみれば、本当に良いものは、早くも奪われ、ラウンドのない家も楚を保有し、日鳥扉を奪う。

    「はい、値しますか?」

    楚义闻言目にかわして少し風変わりな色、唇口ごもる2の下で、目をそらす。

    楚枫の心に殘って、自発的に移転話題:「それが江湖医道名人は、あなたの武功を回復する」

    楚义苦笑:「坊ちゃん、あなたのご好意に引き継が老奴ましたが、それらの大人物でも、私たちはよく動くのをください。」

    楚枫道:“あれはあなたは私と言って、青州何か有名な医者ですか?」

    楚义道:“青州有名な医者が出て薬師穀、それはお高くとまった玄宗門階より日鳥門海竜手伝っても強くて、私達はともかく。独行武者の中で、「閻魔敵」穀滄海の最もマイナスの高い名声は、八方名動ランキングやり手、わしこの怪我彼の眼にはおそらく朝飯前!」

    彼はため息をついた、又道:「いかん元麗陽2郡の中で、「七海药叉」、「李沉锐屠青くも王」と「怪医」医が尋常でない。」

    楚枫道:“もしあなたの治療、あなたが选んだ誰ですか?」

    楚义たちどころに本場:「七海药叉屠青、彼は心やさしく熱心な、最も可能性は私の手を治す。」

    楚枫なって小できる:「誰だと思います最も良いですか?」

    小さい歪歪頭ができる「くも王李先輩の人はとても良い、私は船の上で聞いていて、彼はいつも村人を义诊、育った蜘蛛も可愛い……」

    楚枫彼女の審美の汗にしてみましたが、きっぱりと本場:「あれは私達は探し医ない!」

    会い二人副あなた特かで私の表情を笑わせ、楚枫笑って解釈:「おかしいを代表している彼は買わない日鳥ドアと海竜の手伝う帳簿、より意味しないとできない探し医。」

    小できる目をしょぼつかせるのに、とても愚昧な副可愛い、楚义はすぐに分かってくる、目に喜びの色をかわして。

    坊ちゃんは急速に成長し、ますます大成功者の気質。

    もし楚枫だけを考えてひたすらに逃亡し、根本寻医なく、彼は寻医に行った以上は、治したい楚义。

    医治愈の可能性を探しない最低、天鳥ドアと海竜手伝って自然が率先して排除。

    しかし楚枫はちょうどこの気持ちを相手に、彼は探して医できない最も主要な目的は実はを楚义治傷ではなく、敵を見つけられない。

    江小鱼言って、人だけでもない武術、知恵を使う。

    あった計画を、次の3人が先に行く烏程県、そこにつめ跡を殘した後に、やっと突然折り返し、浮雲の峰へ行く。

    5日後、座サンテ巨峰印が目に入る。

    首を伸ばし楚枫見て、思わずジーと奇。

    この浮雲峰壁立千仞、歌い、全体の青州は屈指のピーク。

    この本は1か所に対し、惜しいなぜか穀強風時が暴れ、フェーシング刀のようであり、何分の技量、長くどころか、さえも困難に迫る。

    だから大勢力として选ここ根基。

    ここに住んでいて医ない、明らかに他人の意図を邪魔しない。

    惜しい生老病死、愛別離怨み、困る世間、たとえ更に控えめで、全身の医術も投げかけてから四方の来客。

    まだ登浮上連峰、道で会った数機の馬車が名門の子弟前呼后拥、、、山へ訪問。

    目標楚枫は目立って、三人の決定に分離できる、小さな肩を支えられて楚义、マントを身にまとうの楚枫は先に独自上山、乗り込む。

    すると、彼はすぐに、前方から渋滯の人ごみの中に無数の文句を聞く:

    ルールは改改善ですね、私たちはやっと買った霊草、今になってないと質疑応答、医も困るの難題を、どこを答えたの?」

    「先輩、私の師匠なきゃ、下げてお願いお願い、助けてあげましょう!」

    「失せろとか、医ない!」

    ……

    「元が珍しい草花は病気を治して、今日本になったか?本当に手の曲に回るようね、好きだ!」

    楚枫すぐ分かって、一体何が起こった。

    そんな折、泣く声、哀願する声、暴言声、声が訴えて、各種の。

    興奮の下で群情が率先してない人に向かって医隠居の小さな庭。

    「一緒に家族や友人の命を、私たちはその冷酷非情なやつが勝手にからかい、彼を縛って、皆様に代わって診察!」

    「おおおお!」

    楚枫傍観し、このように他の人を見てない自分が病気群は大きな過ちのやつが過去に猛。

    そして聞いぴしゃりと轟音で最速の数名の武者斉一体になって飛ぶから、全体の放物線、さんざん地の上で打って。

    空気が急に静かになった。

    「愚か者、医ないならそんな簡単に強引に迫って、まだ用などみんな?とっくに人縛って歩いた!」

    楚枫見通したシーンも喜んで。

    人は多く目様々で、彼はないこの時が流れていくされ、日鳥ドアと海竜手伝って石を持ち上げて、それは自分の足を打つ。

    すると、彼は静かに待って、目はいくつかまたいくつかの人が赤くて目に山を口ぎたなくものを言う。

    赤い夕焼けが庭から飛んで、外は一つに撒き散らかれの少年外でひざまずいて、最後まで。

    楚枫じろじろ見て少年の目にしながら、光を浮かべながら、指定の寵児召喚トークンを使用した。

    ルーレットで再現し、今回彼はすぐにロック道光。

    それは一人の年齢よりも小さいできる若い2、3歳の女の子、末成りの瓢箪、顔が一品だが、瞳暗いです時漆、朗よう目。

    楚枫ひそかに笑う:「医学の勉強できるかどうかは地球を救う人?霊素妹、あなたのを見ました!」
前へ 目次 次へ