中国ネット小説2CHread.com

第94章これは私のホーム(より)

    一番早く更新召喚最新章節の寵児!

    夏晨曦さえ想像もして、武者ばかり昇進築霊を掌握するほど多くの武道灵韵!

    他人に換え、おそらく根本制御できないで、直接衝突混乱、はまり過ぎ。

    しかしこの時、楚枫の勢いを高めることに。

    また夏晨曦心を拳に向けた時には、楽しむさまを恐れず、歩き出す踏み出し、散失するな勢い令画壁を揺らし、地下宝物殿震え、まるで日が、にほえて、八荒**時間すべてが敵に山のように過去狂圧!

    「大きな変化を驚かして神宗しばしば五経、彼はどのドアを得た」

    そのうわさの中の日品宗門、いくら丁寧もしたことがない。

    敵の夏晨曦、后撤飄然として、一生懸命考え時間を考えていて、しばしば五経の資料や抑制の法。

    しかし彼女は夢にも思わなかったのは、楚枫は武道德経は、しばしば五経の中で最も不人気の卓越した学問。

    があり、それが強くないためではなく、逆に、武道德経が兼容并蓄、完全な統合は、他のすべての卓越した学問、まだ現れないはまり過ぎの衝突の隠れた危険。

    問題は、驚神宗ごとに様々な神功卓越した学問ドアも深い深い、弟子が参悟いくらですか?

    百歩譲って、本当にあのなどの素質、必要の武道德経作何に、自分で古きを去って新しきに就くを作成するため、より強力な卓越した学問!

    しかし楚枫の場合、武道德経があまり配合。

    システムから抜き取った能力は直接注入頭に入って、ステップ、省きました参悟の苦労は同じでも彼に身につけた武にずっと少し溝。

    この溝は極めて微弱な糸を体現し、普段は出ず、ただ築霊の後、やっと発見を身につけるはずの武道灵韵ずっと差は一線をもう何を凝らして下が円満に、まだ分からない。

    しかしこの時、知識の海の中の灵韵交互に解け合って、ない、楚枫気持ち、卓越した学問を推察して各種の奥深さを仕掛け、天地妙かに、半分の労力で倍の成果。

    本無関係の各方面の武、かすかに共同で、その如意天魔灵韵はうずくまってやまないで、努力して別の形が変わっても、が欠けたきっかけで、結局は完成しない。

    それは肝心な点ではないし、華麗に変わる楚枫瞬間反撃、断固と夏晨曦对碰、堅苦しくて彼女を拳棚を開けて、そしてこの剣を出す。

    これはこの剣は空から落ちて、でもなく料敵イニンアチブ、助けを必要攻敌、からの劲气、週囲の空気に入鋩子だが、本当に形成に酷似している私オーラの奇妙な分野で、玄异極まりない。

    夏晨曦ひとしきり分析然を一歩一歩一歩間違え卵、間違って、すぐ手の感覚を生み出す無力、空っぽで、非常に苦しい。

    やむを得ない間、彼女は更に1歩退い。

    楚枫許せないうちに勢いを得て、彼女の心の波動の好機、如意天魔、稲妻斬、進退無痕は、風の変化の限りを尽くす。

    しかし夏晨曦さすがグレコ・バクトリア王国皇室で培ったやり手、瞬間調整心理状態がよくなって、またたく間に止れ、不動如山、剣の後に収めて、1筋の無形オーラが急に拡散。

    彼女は本当に私はオーラが本当経由眉間祖竅温养後のひどい活発で、腕のよううに。

    食事の時間に、週囲の気流が変化し、竜巻のように倒れて席に、四方八方から吹き来る。

    楚枫すぐ陷身は嵐攻袭の核心所、両足がかすかには、如意天魔更に難しい。

    幸い彼は早く用意ができて、北冥神功陡然威張る虚空に無数にあるように、水が象徴渓は、海の水は容百川で、汪洋巨浸、端は集めて蓄えるの精髄。

    でも彼は引きつけ夏晨曦の力ではなく、のように息を感じて小渓川のように送金流入を自分の脳裏の中で、指で軽く浮き上がっ蘭、ふい穴手しきりに感触気流の动势、探して綻び遺漏点。

    この時、私はもう本当に神秘的なオーラ。

    すべてが減速するどころか、ひどいさえ外放の運転が変化し、夏晨曦体さえ筋肉のちょっとした変化動作が、楚枫のコントロールに落ちる。

    彼は軽い一閃、間髪を容れずに際してオーラの最も弱い点が、夏晨曦左側丈許に吹いて、軽く1株気血送り出す力を、水のように顔写真滝頭、衝撃で行く。

    この珍しい手に直面して、再び转攻夏晨曦を守、手柄にならなくなった。

    もう楚枫勢い盛んで、ペダル奇歩吹いて、血は不変で、あまり晶は改下分割の勢いを横刀削り出した、不思議な角度から出た斬。

    今回のお前は刀を発揮炎、ただあの無形刀ガスより厚い凝り消散するだけでなく、ガスの力も織り交ぜ無形で実のガス網など、カイコは糸を作り、夏晨曦全身纏へ行く。

    こんなに威勢より、精神修養する宴があるのではないが、忘れないで、あの時の楚枫は発揮天魔解体法で、今は通俗、使い勝手に。

    全身の力が夏晨曦虚無火一蕩、例えば鳳凰に羽ばたいて引き裂かれ束縛を抜け出すもう退いて、まるで彼女が脱凡、楚枫に変身したのは本当に私は、全面的に抑える。

    ガス機に導かれ、楚枫の勢いは究極まで上昇、刀剣併殺、織物漫空芒影、狂巻過去。

    掴んで!掴んで!掴んで!掴んで!

    軽快で抑揚を渡して声が出て、例えば钟磬频叩く陣太鼓急鳴き、戦闘に陥って白熱化では、すべての息ははらはら、素晴らしい分。

    しかしもし傍観者と楚枫場がすっかり優位、圧着夏晨曦打ち。

    「くそ、彼女があまりにも冷静に、少しもない機会!」

    ただ自分が楚枫苦難言。

    相手が見える表面に情勢が非常に不安定、攻少ない守は多くて、一歩一歩退避し、実は防御が金城湯池、なんら敗色未露。

    逆に、自分は気勢盛んな事、珍しい手、戦力上昇、は抑えて、根本は有効なダメージを。

    今の楚枫で、すでに自信と正面宗政戦のため、彼ははっきりと自分と本当の私を上る脱胎境武者にどれらの格差が不足、またどのような利点を持っている。

    だけど夏晨曦時にはもし一汪深かっ潭水、この女は一時の優位を求める事に心の力を、むしろ隠忍克制し、とても見えないどこまで極限。

    そして楚枫のいきさつは出の間されて、相手を探り出すと、上限爆発も発覚、天魔解体**は切り札と、彼女の前では使ったことがある……

    したがって、夏晨曦ぬるま湯でカエル、ゆっくり疲れを引っ張って引っ張って、死ぬ彼!

    「冷静に、くれぐれも見落として自分の最大の利点は、前の王朝で建立された密藏内だけを考えて、なぜ無理に挑む」

    楚枫焦慮している心いっぱいの際、梅长ソの声は突然鳴っ。

    灯台下暗し、人の事目に見ゆる我が身の事は人に問え、戦闘面でこの琅ヤトップ助けられない何忙しいですが、彼は一言に目を覚まして夢の中で人楚枫目、すぐに動いた絵がひどいから壁に向かって過去。

    案の定、数十人の後、楚枫の勢いから避けられない不全、激しい絶倫の刀光剑芒こぼして夏晨曦に奪われないどころか、その半分の色、かえって彼女の元気を成就した。

    「驚神宗卓越した学問、拝見しました、殘念ながら……あなたはただ築霊!」

    夏晨曦軽い大きな声を抑え、鳳凰軽い鳴き、極端な息吹が急に発弾、1ラウンドの光り輝く太陽昇ってくる、一見遅い速度が満ちている飛ぶ鳥を落とす勢いの強力な力。

    まだ烈阳力を経て、しかしと楚枫戦、この燃え盛る火、光り輝く、竟は以前よりもっと瀋凝、明らかに夏晨曦から得た経験もメリット。

    すると、纯阳締めくくりに本当に再現、沛然莫の御力、狂飛びかかって。

    彼女の眉宇間はすでにいっぱいに自信、認定の一撃で立派で大勢が過ぎれ楚枫対応、迎えてもない。

    可夏晨曦万予想していなかった楚枫陡然抜け出して、さっと壁から絵を前に、手を伸ばした。

    ぶんぶん!

    食事の時間、無数の金色に輝くの運によって文字の连続、くねくねのしわ、地上に向かって壁に衝撃。

    次の瞬間、地下宮殿内のスーの回転は金色のて下ろして、1個の兵俑体を、そのように金めっき層衣、燈火が映るの中、立派な石室に響いた一連の鈍い音。

    静かに無数の歳月の兵俑――動いた!

    楚枫体内の本当に元が壁に絵を注入し、左手は指1を遥、威厳無比の命令:「私に!」

    身を大重慶皇族血!

    これは私のホーム!
前へ 目次 次へ