中国ネット小説2CHread.com

第会社章新版六脈神剣(気)

    一番早く更新召喚最新章節の寵児!

    半鍾がない時、楚枫立ち上がって、右手人差し指の時、すでに発揮セットでおおらかで堂々と、厳粛運指法。

    それは陽を指す。

    彼は殘るもう一枚指定能力抽出トークンを使って、もともとあまりだったの武。

    しかし、ときに陽本当で、楚枫すぐに発見して、夏晨曦の提案は本当にねじれた薪もまっすぐな焔を立てるました。

    だけでなく、五行灵韵の補講、そして規則の探知システム。

    例えばこの度、楚枫は発見して、この能力の抽出実は1つの平均値設定掛る。

    例えば碁剣術は、現在の平均値を超えたので、得られ采林傅のオリジナルは、傅君婥の弱体化版。

    そして陽とは、現在の平均値を下回るため、直接注入後、すぐに習得だけでなく、そして第三品の完璧な行い。

    知っていて、一陽四品が修行六脈神剣、天竜寺内造成この環境にも糠の中で米粒探す、楚枫このすぐに匹敵栄枯大師、無数の苦労を省く。

    つまり、抜き取った武わけが強いほど、よく似合う自身の低品質武に限り、~にひたる程度の効果を発揮することができます十分、逆に強くあれらのいわゆる神功卓越した学問。

    さて、この時を指し楚枫陽を余すところなく発揮させるまでに、運に陽の初期、流れのピーク時に、すぐ病気夏晨曦全身穴。

    彼女に会った美目凝瀋んで、平然と受けのすぐと全身ぽかぽかとして、盛んな活気が出て、春の万物が生える。

    この陽、言及殺伐の力が、確かに劣る六脈神剣すぎて、それは人の功は極めて精妙、夏晨曦体内の内傷一駆除過程など、良い教育、自然が柔らかく、災いも殘ってない。

    夏晨曦はもっと感じ楚枫もルックスも盛りの内力のようで、意外にも無名のなじみ感と自分の体内のひどい妙に符合する。

    しかし彼女はこの時ちょうど複功瀬戸際、ただ抱いて元守、気持ちを新たに、独特の経絡竅穴は、本当に纯阳締めくくり流転は上下丹田中さん、磨去角。

    彼女の境界は~凝締める円満を楚枫時でも力は陽、上の造詣は、更に一燈大師が一番美しいよりも、双方の協力の下、あの本は従順て纯阳締めくくりは本当によううに腕が、治療の大軍に。

    しばらくしてから、夏晨曦もう起きた時には、元気よく、怪我の大半。

    目がつながって、莹然笑うと、次楚枫は陽、伝授、夏晨曦事細かに琢磨、右手人差し指、時を指して、力は、無形刃になって、あちこちを掃討する。

    楚枫驚いた:“あなたは日本にこんなに速いですか?」

    更には天才でもない、片時学会にしましょう、このシステムの古い鉄のメンツはどこへ置いて?

    夏晨曦笑道:“あなたはよく見て、これは1陽とではなく、私の纯阳とよ!」

    楚枫再見、さっき見指风内に含まれたが本当に夏晨曦纯阳さあ、説明だけは模造一陽と構想を纯阳締めくくり、本当に運を指して用いる力で。

    正直に言って、これは凝固する環境に彼女は何がすごいの手段にするためのガスが多すぎてこれより強大な運用が大いに啓発した楚枫。

    本当に纯阳締めくくりに無形刃、陰陽が飛び交う、虚実は定まらないで、突然柔和、突然に話せば彼の他に、武陽では、こんな効果ですか?

    その時、五行と陽の力を、正合六脈の数よりも、威力原版の六脈神剣は強いどこへ行ったのか!

    これは、他の人にとっては無理かもしれない件の事、武道德経一番上手なのは融合、このとつぜんひらめく、楚枫すぐ感じ条立派大道前で展開。

    人を教えて魚で魚をとるために人を教え夏晨曦より、見楚枫ある程度収穫も、喜びは、彼が返って、含み笑い道:“続けますか?」

    楚枫展の顔に笑って、「いい!」

    彼は発見し天竜八部は本当に自分の幸運で、ただ話した十章までは、北冥神功と六脈神剣の収穫、どうして言わないの?

    天龍寺斗剣、大轮明王が登場し、夏晨曦聞いた刀本来炎、そのすこぶる少し期待して、誰の鸠摩智始めきらめきの神烏帽子鍍金の偽りの特徴はすぐに現れ、ちょっとがっかりした。

    ついに、段誉のパートが過去、この大理世子無量剣と神農いじめを手伝って、南海鰐神を迫られ、延慶太子に囚われ、鸠摩智捕虜、曼陀山が花の慶庭師、経験した様々な苦しみ折辱確実に小さくないが、相変わらず楽観的、保持仏心、夏晨曦と梅长蘇さんは少し褒め。

    喬峯が出場まで、この大英雄豪傑を一気に全て奪い尽くす段誉の出しゃばる。

    惜しい喬峯のめぐり合わせ段誉がよりも悲惨といえば、プラグに牛や羊空許約この一節を聞く時、阿朱の死は喬峰の懐で、夏晨曦涙目にスクロール:ませ阿朱死させないように、私は彼女が好きなのです!」

    楚枫ため息:「私も願わないで、惜しい世の変転浮瀋、また祈念して万事うまくいか?」

    夏晨曦唇を噛んで、涙は目に滑って下ろして、1筋の前例のない悲しみも。

    哀れである日、彼女はさっき聴き喬峰と阿朱許諾に塞外生活、何かに中原の是非に、時を思い出しました楚枫自分と。

    阿朱はすぐさま死喬峯の懐で、これは一体になって、やはり暗示?

    彼女は妄想をたくましくして、梅长苏亦悲しみは顔が目に浮かぶあの滔天大火、無数の瀕死の惨ふっ、七万枉死は梅嶺の赤焰軍。

    喬峯は災難に遭うの英雄、忠字、彼を追い込ん絶体絶命なら、長年来、彼だけに必死に捧げ犠牲になるのは、最終的に千夫所指の境地。

    赤焰軍何嘗じゃない?

    この瞬間、彼は感動して、「難しい胡汉恩讐に互いに忘れる、プラグに牛や羊空許約、私は熱血漢、忠誠心の深い、私は江湖好漢、心地よい恩讐、人間なら不平を酒におぼれること、斬人頭……」

    耳の中から伝わってくる梅长ソの長歌代泣いて、楚枫も心が激動して、自分の身の上はこれを思った。

    そういえば天竜八部さすがの心の中の最初の神、誰でも自分の影を見てから。

    喬峯の悲劇のそのものは、彼の身から流れている契丹人の血を受けたのは、「小さいころから儒学の思想も、認知の漢人の価値。

    喬峯に生まれついての恨みを受けられない夜も倒壊するの世界、これと楚枫現在の境遇に似ている?

    だから廃棄僥幸でしょう、グレコ・バクトリア王国の良民はできない以上、したくない前の王朝大逆、東海逍遥、も悪くない選択。

    すると、夏晨曦目を動かすような電気のように眺め地下宝物殿の奥に、急に払いのけて:

    "一部の人!」
前へ 目次 次へ