中国ネット小説2CHread.com

第一百五十六章と江小鱼「会って」

    一番早く更新召喚最新章節の寵児!

    二人の性格の違いは、この瞬間にこもる。

    王怜花博学、程灵素一心。

    楚枫成竹を胸に得てにっこりと笑い、驚かして玉を神から2つの秘典はすぐ传功過去ではなく、紹介「大衍奇録は、千年前の名誉天下の散修大衍道人が殘した奇書、全9巻、森羅万象。」

    回露出度、楚枫敬服の色:「先輩学究天人だけでなく、そして幸福をもたらす蒼生度量が、我が家の仏尊しないのではなく、大衍奇録無私に江湖に広めて、惜しい常人貧しくて一生の力もないし、法学精1巻から各大口門珍蔵を抑制するために伝わる……」

    ここに話及んで、彼に眺め王怜花:「私から見ると、大衍奇録あなたともっと似合うけど!」

    「いい!」

    王怜花目に噴き出し精芒:「でもあなたにすることのないように私をもここに、私はいられないの!」

    “安心して、あなたにいたい宗ドア、私もしないか、あなたが歩いて天下でも、違う身分、本当に様々な趣向!」

    楚枫大手を振って、幾コミット。

    多くの愚かな気持ちを、やっと千面公子眠い縛に駐屯地にも彼の才気は?

    王怜花の博学多才で、千変万化するだけではなく、各流派の動向を探る虚実、創造出来る一つ一つベスト、ホメオパシーを拡散して勢力範囲。

    これは楚枫玄陰から教え林無若死に身の啓発、离魂宗は、高安も発展した八年、結果は玄陰教の拠点、駒の下にその巧み。

    そして林無若死にそんなは喪服しない隠し手段技術、王怜花に換え、絶対天衣無縫の華麗な変化、敵の計略にかかって後にもわからない清頭。

    また程灵素楚枫に笑って、「霊素の妹、私はあなたのために用意したのは流魂丹巻、もうすでに薬師神編の知識、継承こちら丹道大師にぴったりで、これは彼女の創造する洗骨丹、你看!」

    流魂子論年代、大衍人よりも長いのが多くて、遡る大重慶前の皇朝、現在の知る人は多くないが、洗って骨とダンは、知らない人はいない程になった。

    洗骨丹の登場は、ある程度に昇格したこの世の武進国、結局資性非凡な天才結局少数で、3分見て意地、そして明後日の丹薬こそ人間の知恵の結晶、7分で働く。

    「楚枫程灵素うなずいて、私はきっとあなたに頼まれ負!」

    楚枫中に必ず。

    愛のかたまり門内で一番足りないのは中間バックボーンが続々と丹薬の供給、その最大の欠陥を補うことができる。

    から宗門の発展の点から、王怜花ただ未来程灵素なければ、かえって肝心の多い。

    「えっ、彼らは誰ですか?」

    すると、道は鳥の声。

    カイドウカンヅメ想いは、走ってき楚枫を探し、好奇心にじろじろ見て二つの見知らぬ人。

    「この小娘は少しも変わっていません!」

    見王怜花海棠、すぐにひそかにほっとしました。

    やっぱりオタクは楚枫一つ、カイドウの3ヵ月間は何も変わらない、さもなくば王怜花つくづく規範1番、敢えて外出旅。

    「ご紹介します、こちらは私の親友、これからも宗門の一员として、この公子は王怜花、天文地理、医卜占星術无所不通程灵素だけでなく、この娘医毒の術は尋常でなくて、が獣面でも渉猟する……」

    ここを耳にして、王怜花眉を高くあげて、急いで「御する獣の術にも精通して、決して人より強い!」

    楚枫と程灵素ひそかにおかしくて、カイドウを一瞥したのに、彼はあまりあてに、見に程灵素親近感が生まれ、彼女の袖を引いて:“お姉さん、お姉さん、あなたは医術が優れているか?」

    浮雲峰の上で、二人の女性はかつて何度楚枫切磋比較を通して、お互い心底から敬服する、程灵素も好きだと一枚カイドウいたい、両女小声で話をして、そのうちはいい仲になって、彼女に会いに行く燕雪瑶カイドウ。

    王怜花朝楚枫アーチた拱手も飄然と立ち去って、すべきことが山の駐屯地に向かう。

    そのうちに彼が入ると溶け込んで、关若飞兵法と話、彭全安まで話して商売し、梅长苏和魯妙子さえも流れてきで、聴いていて彼の話をし、目露賞賛。

    これまでに換え、楚枫かもしれない王怜花柄とは両刃の剣心生、用心が、この時の彼を見下ろす丘の上に立って、このシーンは、目が安然、気品に自生する。

    宗門の最初の根は決めて、あとは親親を力ではなく、武道修行に専念する。

    この世は結局は強者を尊限り、宗主十分の抑止力となり、定海神針は、すべての危機を磨き、逆に、たとえ宗門の発展が繁盛しても、夜間くずれるかも。

    だから楚枫ない半分緩みの意を始めてみて、別のシステムのアップグレード後の機能を愛のかたまりの使者!

    大愛のかたまりシステムの中で、道の琥珀のような光グループ内に、小包の1人が急に目が覚めて、露出迷いになって明悟。

    「愛のかたまりの使者に目覚め、支払い精元時、降臨。」

    「愛のかたまりの使者が絶世驕世界。」

    「切り口:ストーリー中期。」

    ふと間で、光がくずして世界の障壁に墜落し、流星1か所で古刹で、陈玄羲渾身の1地震、目が覚めた。

    「すみません!」

    やがて、彼のわい1株の考え、それは楚枫の有罪と歉然。

    「兄さん、あなたが謝ることはない、あなたは私の武功を回復して、私はとっくに生も恋もできない知って天武大陸、外にこんな風景!」

    陈玄羲は首を横には「1人というより世、平凡だロクロクより生きて、風雨を磨き、激烈な競争!」

    彼の話は確かに心から。

    楚枫秘話により前の王朝の何も知らないし、陈玄羲の母赵璟瑜小さいときから注ぎ込むことを恨ん家仇国の思想を身につけた彼は、剛毅な性格。

    惜しい後陈玄羲命にはうまく、師匠に暗算され、家族の裏切り、せっかく台頭の希望は、天鏡司を狙う。

    いま脱天武大陸の垣根かもしれませんが、かえってきわめて泰来かどうか、1番として!

    陈玄羲自己振作1番から見て、週囲の環境。

    先刻訪れる時、彼は自分では見て座古ぼけた古刹、しかし今は、間の華麗な大屋は、贅沢なベッド、香りの布団、そして二人の美しい侍女。

    惜しいこの二つの少女は清丽脱俗ルックス、顔色はごく蒼白であり、少し表情、遠くから見るとまるで氷雕割に近づいてきたから、才能だけでは呼吸感じ生身の人間相手。

    そんなときは、顔を刃物の傷あと、舞い上がるトリップ、魅力は非凡な少年に言ってい手の舞い足の踏む所を知らず冗談:「私の友達は張三の、最も笑わせるました、ある日、彼はまた二人と街をぶらつきに行って、娘が立っていて木の下で、とあなたのように、冷ややかな。」

    張三は「彼がこの娘を笑わせて笑って、あの二人の友達に自然に信じない、張三は賭けをして、「私を一字が彼女を笑わせ、もう一つの字も令彼女が怒って、あなた達は俺と賭け賭け機酒……」

    この本は少年弁舌が素晴らしく、その得意満面、生き生きしており、その二つの侍女目はほら彼が、思わず耳を立て、聞きたいどうしてこの三一字があって人を笑わせ、その字を他の人が怒って。

    この瞬間に、楚枫絶世驕の記憶と理解が陈玄羲頭、彼は突然意識これから何があって、すぐ大吠え声:

    「彼女を笑わせないで笑って!」
前へ 目次 次へ