中国ネット小説2CHread.com

第一百七十六章四方圧力

    一番早く更新召喚最新章節の寵児!

    「お転性とか」

    山門に戻って、座ってお茶を飲み終わる燕雪瑶まだ、白衣の飄々と、カイドウ連袂到来。

    楚枫闻言不機嫌だに帆を:「まるでどころか殺人魔のように、実はあなたたちがよく見ると、私はちょっと顔つきですか?」

    キリン殘念蒼生容易ではないが、簡単にしない楚枫殺し孽、修練長生訣はわずか数日とは思うが、今の自分の気質が穏やかになった多くの。

    もしまだ少し先の穏やかな工夫を凝らして抑えて、今また神刀斬時に十分に発揮できるように、自分の思うがまま。

    しかし彼のその話は笑った両女、燕雪瑶覆うだまれ、カイドウいっそくすっと笑って、身を寄せ楚枫前に息を吐いて小さい舌:「顔つきの宗主兄、人とこんにちは善良ですよ、悪事から足が立ちどころに仏となると聞いて、まさかあなたは行きたい麗炎寺出家僧侶になる?」

    楚枫彼女をつかんで、つまみ頬のロースへ両辺ラ、更に小さく丸め奇妙な姿:「冗談あなたは楓の兄、私はどのようにあなたを見て罰する!」

    カイドウ聞き入れないに身をよじって、鈴のような甘えて突然笑い声、懐から取り出し、玉の瓶のように、献宝渡し:“あなたは見て、これは何ですか?」

    楚枫キャップを、そっと嗅ぎ、思わず喜色:「涤尘液?」

    人は五穀の雑穀を食べる、染めて明後日ほこり、体内に堆積は武道の毒素を排出する、ただ、ようやくもっと良いことができる衝撃より高い境界。

    涤尘液はこの類の追求クリーン無垢の境の丹液は、かつての精神修養する宴では、夏晨曦賜った。

    この丹液灵水ば定期服用、脱凡を上る絶対に巨大なし、楚枫目亮起、急いで「エネルギー産?」

    カイドウ頷いた:「霊素血陽姉からは湖を抽出して1種の水中原水、私はのと湖の壁の上の生長の藻蘚苔に合わせて、代わりに精錬涤尘液肝心のクリーン水、涤尘液になったよ!」

    楚枫心から親指を立てて:「すごい、私の丹師妹達!」

    「へへへ!」

    カイドウの誇りを胸に小さいのに、聞い楚枫は「程灵素か、彼女はどのようにあなたと一緒に来ないか?」

    カイドウ:暗くて顔色が「霊素姉疲れ、さっき寝て、知らないあなたの帰ってきた。」

    「見て私……いいえ、などの彼女は目が覚めるだろう!」

    楚枫刚ば起き上がり、またお邪魔し程灵素しないの休み、カイドウの肩をつかんで、丁重に「やめて苦労に、覚えて更に良い丹薬よりもあなたが私の心の中の地位、体は最も重要で、分かりましたか?」

    カイドウの顔に赤み、喜びにニヤリと笑うが、また握りしめ小拳:「私たちは疲れて、研究涤尘液楽しかったよ!やがて、派内が輩出大量納海武者、誰を見てまだ敢えて虐め、ふん!」

    傍観燕雪瑶さにうなずいて:「ひどい目にあう、どの業績がありますか?この苦労と薬師穀内あれらの日夜看守丹炉の弟子は、ただ駿河の富士と一里塚!」

    「そうは言っても、何事せいずく仏の鼻をかく;過ぎたるは猶及ばざるが如し、お師匠のも良い彼女たちよ!」

    楚枫無力、丹薬師研究に伝わるように実験に科学者にそのように心を打ち込んで、いったん獲得進展は種類の比類のない達成感、これに対して他人が確かに実感しづらい、更にこの疑問。

    「それはあなたと言いますか」

    幸い燕雪瑶決してない人間の師匠、逆にへらず口豆腐心、とても溺愛カイドウ、今会わ目標がある闘誌を口で教育の誰よりも凶、心の中では誰よりも世話をしても。

    「あなたも行く休みましょう!」

    待ってて楚枫あやし海棠、起き上がり、目に精芒をかわし、「カイドウさっき誰にも大胆に虐めて、どういうことですか」

    燕雪瑶目にまどろんで、邪気が溢れて、あっという間に道:“見て信じて!歩く!」

    二人部屋へ軽功を発揮、南西。

    道の上に、燕雪瑶発揮薬師穀の花の間で身法、飄々と例えば仙、姿が優雅になって、目じりの殘光はかなげに見に楚枫。

    彼女は知っている楚枫刀剣では別格の造詣が、どんな精妙な軽功身法、これも独行武者の悲しみ、武によく遺漏がなく、システム。

    だから燕雪瑶か楚枫一二と指摘、また心配楚枫自尊心が高すぎる受誰料分、楚枫庭を歩く姿彼女は驚いて。

    それは決して猿が稗揉む瀟洒なのではなく、本当に全体としては大地に精通して、縮地割寸、一歩数丈の短い時間内により、たとえが急襲の爆発は、勝は長い長い。

    「ただ数日会わないうちに彼はもっと深かった!まさかそんな進国は一日に千裏を行くのは世の偉才?愛のかたまり門……」

    燕雪瑶心は少し敬服が、1基の高くそびえる峰遥遥在望時、また転に怒り。

    峰OG寧、お前は寿林山脈に標高の最高峰は、より壁立千仞浮雲峰はぼんやりして、高くそびえる。

    不思議なのは、山の中腹にある方天然のプラットフォーム、魯妙子选定して宗門の道場に寄りかかって、山で建てられたよりも数多く壇は舎てて、光を想像しては雄大さが味わえる、真っを奇観。

    しかし今は、ここでは輸入停止、荒廃。

    「どうしたの?ある人に襲われた?」

    楚枫顔色瀋大地震え、かすかに種ミミズうねるの勢い。

    キリンは仁は、任人をいじめないで、いったん、千裏等閑水死体だけなら、天地がひっくり返る亦非誇張。

    「正面対抗、大胆に触れないあなたのこの柄魔刀の言うなんて、ただひそかに意地悪、たぶんあなたも是非に及ばない;癩者の瘡恨み!」

    しかし燕雪瑶せせら笑う首を横に「このような峰修建道場と屋舍、普通の木材は絶対駄目だ、上等の鉄碉岩……」

    楚枫うなずいた。

    鉄碉岩この世は建物の中で最も常用の岩、堅固な耐摩耗、霊品鉄碉岩も耐えられる浮雲峰山頂そんな凌寒いの罡风に襲われる。

    この山の地勢も宁峰たい切り立った地方建設駐屯地で、それが欠かせない。

    ひらひらとゆらゆらと扉が今直面している問題は:「青州最大の鉄碉岩産出地泰崇郡だけはずっと前に突然多額の注文を受けて、鉄碉岩一販売の空が、今はお金も買えない。」

    楚枫冷声問道:「誰が作ったの?」

    燕雪瑶道:“虹を驚かしていれ、霊雲閣!」

    楚枫はっと:“もとは君生、こいつは十分無胆なよ!」

    虹を驚かしていれ分七閣、その霊雲閣主君限りこそ君生の祖父は、ロック剣淵一戦前、彼と虹を驚かして船の深い恨みこともその金面いたずらっ子になった。

    君はナナリーの陽と九生绝刀なぶる、食べた大亏、顔面失っちまって、今は報復が来た。

    楚枫目が輝い厉芒口調は落ち着いて:「泰崇郡のコントロール者は陰陽宗でしょう、注文はまず、彼らは借金を認めるか?」

    「彼らはない事をとことんまでやる、ただ延期一月、まだ許諾追加1割原料が、鉄碉岩はただひとつから、その他いろいろな出荷にも問題が現れる……」

    「曲稷郡の麗炎寺カード塵精土、五顺郡の舒家はカン硫黄砂の上に細工が、兴明郡大乱郡守府ことも忘れない、と私たちを困らせて、遠い全虹を驚かして船把持も手伝って、じゃなければ海竜海運くれて材料が何も得られない……」

    最後に、恨みをまとめ燕雪瑶声:

    「これは软刀子肉を切って、殺人なく血!」
前へ 目次 次へ