中国ネット小説2CHread.com

第两百五十八章ゆらゆら返虚(上)

    一番早く更新召喚最新章節の寵児!

    「何ですか?」

    私たちも驚きを照らし出すどころか、楚枫言い表せない。

    彼の前ですることはできませんを返虚尊域の下においても、最後の切り札秘钥天機を発揮した。

    この件の仙宝に動いた結果不測。

    結局また帰って虚強者を照らし出すとして、きっと目が高い、今は明らかに気持ちを、2人の対決一見話題も大きく、実は隠した遠い所で激しく万宝阁戦では、風雅殿の近くに、誰も気付いて。

    いったん天機秘钥が現れ、私たちを照らし出すないどんなに狂気のこと、あの時までしかないのかもしれない壮士断腕、仙宝を捨てて。

    しかし今の発展は本当に予測できないでした。

    若殿?

    如意書物と七宝如意訣……

    まさか!

    様々な想いが、楚枫顔はかすかに変わって、袖の下道:“連休ななければならない!」

    彼はこの留守使うとしわぶきが出た;隠すことは現われるの反応は、私たちを照らし出すよりは想像をたくましくさせる、品仙級の仕事の原理、が手段と九天惊神玉の护体は、あの方、そして誰が本当に私に非常に有利な条件を備え上るそうですか?

    「私に従ってくださいて!」

    この瞬間にまた直接離脱を照らし出す楚留香の**、人形にたくさんの光に漂う風雅殿内で行く。

    万宝阁侧を打つのに、で開く派として歯牙にも掛けない祖師の彼は、全く介入の意味。

    また楚留香体一颤、目を開け、苦笑いして頭を振って、出さないと。

    この香帅みたいに打ちのめされましたが、楚枫はその目を固めて輝かしい光沢。

    古龍の世界の中の人物はほとんどが地獄にもしるべ、天涯のどら息子も、同じ困難で、坂に車の探検家。

    もともとは楚留香かもしれないこの世界のすべてと夢を抱えて、いい気持ちで参加。

    これも愛のかたまりシステムを与えたある暗示、さもなくば多くの寵児の性質はおとなしいが、その一言に合わないような少年王怜花と宿主恨むのは少なくて。

    楚枫召喚時同様に多くを避けた強情で不遜な選択が前の誠実な協力が、楚留香の召喚は思いつきより梅长蘇、魯妙子ら、彼は少し全力を出し切らずに働く、存在感はあってもなくてもいい。

    これまで宙返りを植えて、内心の誇りが勃発する、気だるそうな表情が無比一掃、真剣で、唇轻启、すぐに楚枫传音道:“不利部下サービス、また気付いて法律を守る、少なく主ながめ!」

    この芝居は精が始まって、楚枫目一閃、すぐわかっ楚留香はこの方式で告知を通じて、さっきの憑依過程、貴重な情報。

    彼の心の中が言い争う、無表情の前進について、私たちを照らし出すと、来雅殿内。

    私たちは二人の暗を照らし出す交流しないで、黙々として待って、顔には一筋の恭しい。

    待って楚枫と楚留香殿内に入って、彼に手を振っての間に、週りのすべてはたちまち大変わり。

    きらびやかな殿宇ない代わり、星が瞬く、暗く静かな宇宙、いいように宇宙星星濃縮、輪廻生滅無窮の妙。

    「尊主伝授大衍難解な書物、宝元金日の表の陣、まさにこの周天星衍陣。三百年、部下の命虹を驚かしていれ門の下では様々な宝ガス注入中に転化しない、星元、今蓄えた力を殺して、十分に令仙ドラゴンボートの本霊徹底的に目覚め、昔の神威回復!」

    彼は口を開いて、驚天大きな秘密。

    天地のはざまに一縷の生きる望みは、いつ、と大衍の数五十で、その四十九、戦陣の道も、損を過ぎて、いつか生门、解読する機、遺漏点。

    この世の陣道武帝からから伝わり、当時十大败武帝人妖、武力は一方、彼の配下十二名人族尊者でつくる十二天門陣も果たした重要な役割を。

    さもなくば別として、日妖の速度は冠絶当代、その中の大鵬金翅鳥よりは1枚の万裏と立ち去って、誰かを遮ることができますか?ただ戦陣絡め取ら機会があって徹底的にそれを斬る。

    殘念ながらその大衍の用な親近天地自然の日妖見つける一線を機に、敵陣を破るために、最後には、その場の驚天動地の決戦は未が円満に。

    後世に無数惊才绝艳輩も探し完璧な殺陣びっくり神宗先人をこの大衍難解な書物も誌に、勘破大衍の妙を作成するため、本当の漏れない。

    このドアはしばしば五経位以内の卓越した学問、千年前天枢人が腰をかがめるさせ、ほとんど陣と最高の成果も、同じ加点地仙が見え、神の神功卓越した学問。

    また以上大衍難解な書物を照らし出すに通じ、証明が得意の分野は決して表面上の制宝と商売をするのではなく、陣道、道理が一挙にピット当時殺し四派の達人。

    もっと楚枫事前夢にも思わなかったのは、彼がびっくり神宗余孽を。

    「驚神宗の伝承を絶やさずに、彼らはあなたを見つけるでしょう、奉聖皇君、この天下を覆す!」

    大重慶密藏内で、夏晨曦と猶耳に響く、楚枫の心はすでには当初の逃避を恐れて、彼はもう準備したのに、予期せず一目は返虚級の尊者。

    「殘念ですが、この虹を驚かして祖師に口の中の若殿、またその!」

    楚枫マイナス手而立、面に波瀾は驚かしませが、楚留香前に任せ、あか抜けに抱いた拱手のことは「私たちの法律を守る面目をすぼに包む三百年まで、殺し仙竜船の復帰に品、尊主から称賛天至元丹1枚、助ご復帰人身、成就無量!」

    また会い楚枫が照らし出す自分を過ぎれ楚留香がいっぱいの態度を尊重しない、目には少し不満をかわして。

    ところが、天から元丹その口から中道、彼の眉宇間に心からの喜悦来露出、竟はすぐに向って自ら「どうもありがとうござい尊主は恵み、ありがとう若殿口添え!」

    彼はまたどこに知っていて、楚枫なんて何も知らず、はけ口しかない、楚留香の頭の中に殘った記憶のかけらはやがて、その繰り返しが、来のそれこそ天から元丹、才能は二言目には彼のかゆい所を掻く。

    兵に常勢なし論じ、一事が万事;かっと言ったらすぐ痰壷、めったにない人よりも、もっと大胆に楚留香細心で、この先入主となるの概念の一植え付け成功、続いて困った。

    「若殿は口を閉ざしてここは、なぜ、こんなに慎重ですか?ひょっとして……」

    案の定、そして私たちと会話を照らし出す楚留香、会って楚枫終始を認めない、まして自分の身分で補って、脳と、一斉に宝元大陣の息吹が金日を探求して。

    すると、空にこっそり、下記から眺める李清萝と夏晨曦両女はここには彼女の目に。

    「グレコ・バクトリア王国皇室?!」
前へ 目次 次へ