中国ネット小説2CHread.com

第两百八十六章返虚は奴

    一番早く更新召喚最新章節の寵児!

    神魂レベルの対決が長くなると、反応を外部楚枫体は震えたドラマ、7つの穴を殘してすさまじい血。

    任軽く浮き上がっが驚いて、早く彼女は夏晨曦、稲妻のように撲から楚枫だら、手を押し後心、畢生の力を余すところなくに流し込む体内が、彼は血気に満ち、内力雄渾たぐいがない、ないことも。

    もう彼女不喜反驚かして、1粒の心に深く瀋み、失チャンネル「神魂受け創?」

    肉の破損しないのに、急に7つの穴から血を流して、間違いなく神魂方面の衝撃は、ひどく危険絶倫。

    夏晨曦はもう命を奪う境、修養が急上升し、相変わらず神魂の域に届かない。

    彼女窓から槍の異変もかまわず偽装、取り出し懐の丹薬へ楚枫嘴中プラグに、例えばアームの指図する纯阳本当に絶えないに注入楚枫眉間祖竅、欲をその玄妙不可思議な神魂点。

    「安心、大丈夫だ、と軽く浮き上がってい任梅星じゃない、彼らは私に邪魔し!」

    「あれ?」

    しかしこの時、1本のアイデアのような感じで心に思い浮かべ、夏晨曦惊疑かもしれない、分からないのは真実も錯覚、手の動きに思わず一緩。

    「夏の娘、感情を害する!」

    代から初めて軽く浮き上がっ夏晨曦急に楚枫関心、まだ非常に分からないで、彼女はすぐ会い消極的治療、顔色を変え、10、曲げ、稲妻のように掴み出す。

    「彼に邪魔をしないで!」

    夏晨曦眉間一颤、サーベルを出して、少し熾燎原の火焰など、が急速に広がって。

    彼女は知らない人は軽く浮き上がっ移動する楚枫治療が、究極の選択を信じた幻のようなあの紅い。

    すべてに戻っ密藏大重慶の地下宮殿の中で、2人の呼吸の日。

    楚枫以上邪魔しないから、させてはならない。梅星軽く浮き上がっと二人親方思いの主倒し、彼の邪魔になって。

    剣爪交打って、兔起鹘落の間、夏晨曦と任軽く浮き上がった十数人、ひとつひとつのやり方は皆呈すであり、少し煙のぼせ、火が爪に影が躍って、ボックス内のすべてが破損しない、機、いすは食器損傷がない。

    可視彼らの劲气極度に凝実、全てぶつける相手の身ではなく、いささか消散する。

    コツは、相手の募集の法令夏晨曦ショック「よい通玄の境、百錬鷹の爪、百錬門主にあなたを見てこの手鷹の爪功、拝師はあなたですか?」

    これまで潜入任軽く浮き上がっこそ霊州百錬門、ここでもその宗門看板の百錬鷹の爪。

    既存鷹の爪の名、きっとは模倣鷹獣特技と形態の武武侠、類似の象形拳、これらの仕事の原理の強弱をまねの対象。

    赤煌本当に陽訣模倣十大妖の中の太陽と、品仙級の威、天鳥門の霊鶴破日ダンス、象牛ツイ山は、龍馬飛電気足などの真似は玄品獣王しか、霊品を徘徊して、百錬鷹の爪も同じ。

    しかしこの霊品の百錬鷹の爪在任軽く浮き上がっ手は朽ちて魔法の強大化、指で迸射出た血が芒更は不気味で魂が震えるどころか、百錬門主は脱胎境ピーク、たとえ少し前に凝締めくくるの円満な夏晨曦も避けるその切っ先がなくて、完全に硬い次の勇気がない。

    「夏の娘はさすがに一番若い潜龙ランキング傑物、名の下虚しからず……梅後輩の女の子、覚め!」

    今の戦況は任軽く浮き上がっ飄然と後退、裾黒こげ、明らかに食べた暗い損。

    夏晨曦からは命を奪う境、玄宗門は任太上長老品、たとえた品宗門で、寿命の長いも、中流の砥柱、架海金梁。

    「よし!」

    すると、テーブルに首をかしげる居眠り梅星寝ぼけた急に伴って両眼を広げ、澄んだ声で、賢は愚にかえるの掌影。

    任を片手により軽く浮き上がっ百錬鷹の爪迎敌、彼女の招法もっと奇妙なようでは、シェフ炒め食材のように、行き来前シャベル、翻兜、絞って、4つの動作を挑発する。

    それはこの一見単純な動作を独占しているのに、千変万化、四十分尽くす万法を破れ、独孤九剣よりも加点武道真意。

    「この2人……すごいいい生!」

    夏晨曦は敵の二、夷然怖がらない、ジェスチャーの全ては炎が飛び立ち、烈阳円環輪転暴を現、大日神威、烈阳八义の妙をいかんなく発揮さ、2人と闘え互角。

    でも彼女もひそかにびっくりしましたが、ただ目の前の二人は彼女より大きい年齢だけで、全ては凝固する円満を言わないで、まだ全部通じる玄品武、戦力目覚ましい極まりない。

    李清萝の密着女官として、夏晨曦中州で歩くのは、若い才能見識が多くて、例えばこの年に私が本当に容易ではありませんて、まして凝の締めくくりは大成。

    少しも誇張しないことを言うと、任軽く浮き上がっと梅星に登って潜龙ランキングで、どうしても無名で、ほら赤蒼穹勝手に彼らを派遣し、明らかに宗門は最も秘密の蔵鋒の刃、そんなに竜顔宮またいくら若い人々は?

    こんなの詳細と自信が赤蒼穹放任楚枫と夏晨曦来靑浮草の本当の抑止。

    「千年余りの蓄積は確かに我々ははるかに及ばないが、品宗門更にすごくて、得られる返虚奴隷か?」

    すると、かすかに震動楚枫体と考え、また、伝わってくる

    夏晨曦で狂喜した注目の下で、彼はゆっくりと目を開けると、満面の笑み。

    夏晨曦竜顔宮と二大弟子の対決に際し、楚枫もまた照らし出すと遊ぶ。

    恩恵は外部いたずらに干渉、彼はずっと私たちを照らし出すに押され、まったく相手にいささかの機会翻盘。

    甚だしきに至っては夜半に嵐ありとき、ライトニングと紫電広がっ神魂空間全体、楚枫福から心は前、突然2招き猫の基礎の上に再度アップ、刃として、1筋の光が輝い天地開闢。

    ごろごろ!

    また急に照らし出す発見の週囲の天地はすべて崩れ、その全体の人の無限の落下に陥って一つは、雷、底なし無辺の恐怖地獄で、二度とない解脱……

    紫雷第三撃――沉雷地獄!

    「私に斬!」

    危機を脱する任務を完成した後、楚枫一躍土豪は6枚指定能力抽出トークン任せて金銭を浪費して、さらに六枚にランダムできるよう期待が生じず、実力に変わって、実は動員できる資源以前より何倍か?

    !!!!」

    だからこの瞬間を求め地を打つ槌、突然楚枫抽出紫雷第三打って、この窓から槍の沉雷地獄は徹底的に粉砕した私たちを照らし出す最後の希望を、彼の最後の甲高い叫び後、ついに紫電狂雷沒。

    見て彼は本当に消えた世の中で、目を楚枫一閃、突然十側至尊法。

    大成を通じての思いをはせる物の外**からりと言えばあさり汁、彼はあらゆるの運用はついに修行に限らず蒼穹神鑑グレコ・バクトリア王国朝廷の達人。

    すると、驚かして神が玉の印は既に上がって、紫で撮影雷刀光ぎこちなくて道神魂霊光、濃縮手のひらサイズの私たちを照らし出す両眼茫然として、まっすぐにひざまずく虚空に向かって楚枫上:

    「お主人!」
前へ 目次 次へ