中国ネット小説2CHread.com

第两百九十一章一眉道人の幻法符水

    一番早く更新召喚最新章節の寵児!

    「小さいお姉さん、あなたに本当にいいですね!」

    夏晨曦に粋な目まばたきしてああまばたきして、ベタベタしないで楚枫背中を離れました。

    別の女性は、他人の場で、必ず矜持照れて夏晨曦は堂堂と、どうせ関係も露呈し、いっそない瞬間は。

    でも梅星と呼ぶ彼女非常に気に入らないところを振り返るとするが、この年若い女子体全体に貼って犬と似て、彼女の身にはあちこちにおいをかい。

    「あなたはどうして!」

    「えへへへ……」

    聞いた梅星叱るが、恥ずかしそうに吸った鼻吸い、気まずい道:“あなたの体に株独特の香り、それは玄品が作った料理の味が出して見せて良いですか?」

    夏晨曦ぎょっと:「玄品?」

    梅星彼女信じないと思って、傲慢に胸を張って:“私は梅家の先祖が出ていた厨神よ、私の判断は、絶対に間違いない!」

    「なるほど!」

    夏晨曦腰間の金翎袋を開けた叫び叫び、穴に目を通し梅星「ほら、それ?」

    梅星を見た、もウキウキ:「わあ、本当に百年前云州石家七星刀!」

    「このセットの刃物蛮わけがある、獅子頭そんなにおいしくてもそれの1部のおかげです……」

    夏晨曦目に甘いの色を見せて、曲がって口元がさっと口はきついし合う。

    梅星一気に急した「やめてよ、私が持っ凤瑞玉龍鍋君と交換はどうですか。私はひとまとまりの良い刀か不足!」

    「私が通じない料理だから、あの、乗らないこともないんです……」

    夏晨曦鈎鈎指ました、顔に全は楚枫式の看板に笑う:「私に承諾して、条件だけでなく、私は七星刀をあなたにプレゼントして、後日皇室を供えていい道具は、あなたに1部のよ!」

    「いいよいいですね、私は何もあなたを約束する!」

    は梅星が陥落の際、手のひらをつかんで突然の抑えつつじゃないと、彼女をまるめこん。

    「夏の娘、誘拐小妹妹でもいけないよ、梅星しかし氷部のピスタチオ、何でも彼女を満たす!」

    任軽く浮き上がっあの張嫌な顔が視線に置き去りにした夏晨曦口をゆがめる、首を巡らす。

    「云州石家ない、北斗七星の刀はとっくにあなたが失われてるし、どこが手に入る、夏姉さんは私をだまして、私は私が私がね!」

    相手にしない梅星の横に泣いても、軽く浮き上がっステアリング窓辺に黙って任茶の楚枫:「楚兄、あなたはどのようにまたこの閑雲野鶴、薬師穀しかし全力でさええんま敵穀滄海、七海药叉屠青など散修医者の人脈も異動になったまで、彼らは世論を操る、千夫所指どころか、ひらひらとゆらゆらとドア靑浮草に進出し、守れるか高安3に、すべて2言ってね!」

    もしこの世の中一番聞いてどの職業溜まりやすい人脈、それは間違いなく医者。

    薬師谷建派八百年、活死人の肉白骨か、助けたいくら武者、ポリでいくら慈しみ、庶民にも素晴らしい評判。

    もっと兼寛容大度、我が家の仏尊し、常にいくつかの散修の医術指導、青州こんなにたくさん超有名医者、または複数がすべてそれと連絡があるので、一呼百应、決して誇張。

    ひらひらとゆらゆらとドアが梅长蘇、王怜花などの知略の士、薬師穀に兵を切っても知っている、自分の長所を十分に利用して。

    だから表通りにアップロードは愛のかたまり門頭出し炎山の後ろからの宗門手先をし、戦火まで連れて行く靑浮草の知らせを聞いたときに、任軽く浮き上がって出たすぐ薬師穀。

    殺人人の心、戦わずして曲げて人の兵!

    回夕雲階に、任軽く浮き上がっは向こうが発見して、刺し監視と、思ってい楚枫勢いが対応措置をとって、まさかこの方が安座釣魚台、かえって自分は皇帝は急宦官せっかちで、すぐに非常に怒る。

    「楚兄……おや!」

    見えないまま楚枫反応、任軽く浮き上がっ二度と我慢しきれず、大股に行きました、もうすぐ圧力。

    ところが彼を待って楚枫正面に来て、細いまで眺めて、顔色は一転、手を振って窓を閉めて、外の視線を隔てて、鷹の爪楚枫の肩につかむ。

    「あなたは何をしますか」

    夏晨曦まさか任軽く浮き上がっ突然ではないを阻止しようとしたところが、任軽く浮き上がっ金を断つ裂石の鷹の爪がまっすぐに着た過去。

    まるで水面蕩開のさざ波、楚枫全体の人に道虚、消えてなくなって、殘して道をかすめたの運によって光り、令任軽く浮き上がっぼんやり無言:「幻法おまじない?」

    これはその令に驚き、頼むから勘弁しない、陣形など環境付加談話の幻法は、この世の流れは極めて少なく、しかもほとんど実施条件が厳しい、成り下がる鶏肋。

    でもさっき楚枫茶の幻は真に迫っていて、真実と変わらないので、接近しなければ彼は感じない楚枫身の武道真霊息、遠距離観察絶対だまされた。

    「楚枫前にはこんな手段、ひょっとして彼は配下の奇人異士?愛のかたまりドアから、侮れないよ!」

    「道長いい手段!」

    任軽く浮き上がっ抑止されながら、夕雲階の向こう梅长苏亦は感嘆道。

    彼の侧に立っている姿に一人、顔のアルカイックな人、最も注目のほとんどは一線の眉は、かつて兴明郡を説得する林若死に陰尸大軍の眉道人!

    この時の彼の息が深い、霊法蕩蕩で、明らかに契約の寵児後、実力長足の進歩。

    地球上の末法とは異なる時代、この天地元気無比豊かな環境の中で、1人は竜の水を得たるが如し眉とは、各種の運によっていちいち失効茅山の伝承を再現。

    でも霊品などを上る、用の御札を急ぎ必要と符墨は補充して、大量生産がないが、実用性の強い、すでには梅长蘇は大称賛。

    こんな手段を運用適切なら、十分に戦局を覆す、今は幻符楚枫形を本当の行方、ただ小手調べ牛刀だけ。

    1人の本当の技量眉、は符水の施し。

    悪くない、五斗米、太平道の符水戦の履歴。

    この時の寵児門下もう靑浮草の町に活動し、お布施を一人製の符水眉。

    それだけでなく符水解消できる火焔山熱波がもたらした高温暑く、枯れた草花にかけて、更に吸収の週囲の元気させ、再開花。

    これは最高の反撃。

    と比べ苏纶あれらの見ぬ商いはならぬの保証、薬師穀の扇動の言論、符水泣く子に乳の効果は、直接完暴!

    一方、青萍郡南西百裏の場所、楚枫遥遠くを眺めるその千矛万戟突き刺し、空がピーク、悠然として笑うと、まるで春にピクニックに旅客、突入中。

    兵は拙速を聞く、巧遅を聞かず、敵の都めがけて突進する!
前へ 目次 次へ