中国ネット小説2CHread.com

第十八章一西来

    一番早く更新召喚最新章節の寵児!

    あの一夜される3大隊さえ破れ、莫州封鎖線を全面的に崩壊後、二王子瓦托は命令莫州の侵入軍収縮、そろって淮安以外。

    できない以上はひらひらとゆらゆらと門運に淮安の道をふさぐこと、逆に淮安に囲まれ、相手変われど主変わらず。

    しかし伐採に兵を、次に伐採の交際して、次に伐採の兵が、その下に攻城、この道理を天武大陸にも通用する。

    大日族は勇猛無双、やむを得ない事も、選択はないこの軍事重城攻め淮安。

    しかしもし聖武軍を得るために霊食補給、自発的に城をした、それは彼らがもうたいの。

    現在はまた現れ好機に、靑蘿の王女は山に淮安で。

    李清萝結局は天皇の貴族の子弟、金枝玉葉、城内の任夏虎はみるみるうちに彼女に大日族を手に、たとえ心に拒否して、救援も派兵しなければならない。

    こうして、につけこむよう、攻略淮安のチャンス。

    たとえ昂格は知っていて、竜顔宮可能そうに双方をつづり合わせて食うか食われるかの両虎争う時は一虎其の虚に乗る、山上に坐して相つつ虎の倒れるを待つも必要で、このように魅惑の餌。

    この時、馬の嘶き雄飛、叫びに怒号と勢い气浪、突進天宇。

    はるか彼方に見える黒い一点を遠くから昇って、到着後の急激な落下最高峰、落下点こそ淮安城内。

    莫言護送の下の李清萝一行に着いて、そして軍ガスの衝撃のもとで、無ありませ。

    「裂!」

    昂格両眼湧出至極凶芒、勢ぞろい全力で展開して、あの無頭の暴虐意誌に凝など実質の力で、横は天地。

    刹那、全国の振動、蒼穹論点巻、莫言体が重くて、竟は梨のつぶてのように向かって、地面に行く。

    幸い先天元胎は優れて、肝心な時を云纵莫言。梯、両足は虚空にいきなり踏みの助けを借り、天地もっとも本源の力を勢ぞろいの束縛を再度飛起。

    「やれやれ!」

    しかし彼女は叫んだ声が。

    自分から莫言刀槍入らず、百兵が難しい傷、気づいても怖がらないで傷つく千軍万馬が、彼女の手の芭蕉葉が勢ぞろいの衝撃に耐えられない、どのとかが、散りて。

    李清萝諸女もまだ返ホロウの境は自由に空飛ぶことができない、驚いて下に落ちる、莫言臨敵経験不足すぎて、時間は更に足駄片足に草履片足。

    幸いにその時、夏晨曦軽く飲む音、御剣。腾翔、丸い転自在を受け、瞬間で李清萝六女の体。

    同時に彼女繊手軽く浮き上がっ押し莫言、背中、1筋の推力を与える「小妹妹、次の敵は私を焼き殺すグレコ・バクトリア王国国内略奪、無悪不造の大日族畜生、ご遠慮なく!」

    「よし!」

    莫言闻言かんかんに怒って、右の手のひらを突き出し、左手は腰から下に、サイドは、撮影。

    遠くから眺めると、明らかに彼女の全体の人のようにドラッグしてブロック隕石、長い炎尾、朝鉄騎所在の中心で直接轟。

    「変!」

    昂格むかっとして顔色を変える、号令一下、勢ぞろい立に変わって、騎士のっぺりと馬を控え、軍馬全部人立ちてから、横は草原の波は、分ごろ散開。

    瞬く間に落ち、莫言の位置は空白、馬術の巧みな陣形の妙を人を驚かす。

    これこそ威震天下の大日鉄騎!

    万の数十万精兵ます!

    殘念ながら彼らが直面するのは、もう私は本当に脱凡レベルの敵ではなくて、我がものの顔に振舞うの返虚尊者、甚だしきに至ってはほとんど返虚尊者もないこの無俦剛力莫言。

    すると、彼女のたくましい体真っ直ぐぶつかって大地の刹那、半径数百裏内の人は感じて足下の大地に激しい地震が震え、淮安で即座に無数の庶民が絶叫の部屋を飛び出して、窓から槍ミミズ寝返りを避けようとした。

    しかし、それは週辺の余波で、本当に怖いのは、莫言落下点を中心にキロの範囲の内で、その勢いに循環端無きが如し万雷が轟き渡るの衝の黄砂气浪、猛烈覇道、呑かむの日に拡散して。

    瞬く間に、さっきまで軍容粛全体の鉄騎はてんてこまい、総崩れとなる、無数の大日勇士は溺れほこりの中で、直接生き埋め。

    一方、淮安サイドドア開け、1本の万人扑出鉄騎稲妻のように、はじめは、銀の銃の纪英赤いマント風の音が鳴って、目立つもので、堂々と郊外の兵営突撃過去に向かって。

    「ずるい!」

    昂格し、認定は竜顔宮と聖武軍わざと布降った罠。

    兵は詭道なり、戦術で戦勝するならば、彼は倒れても仕方ないが、直接を返虚級の戦力は、手段にすぎず。

    ただ彼らとは思うが勝ちましたか?

    間違い!

    大間違い!

    うー!

    ラッパが鳴り響い雄飛の声が突然、淮安庶民ショック恐怖の中で、もともと晴れ渡った空がなくなった、代わりに、1頂の膨大なようで浮いて山のテントに住んでいる空を隠して落ちた光に包まれて、死神の影。

    大日王帐!

    瓦托がとっくに自分の王帐開入淮安の上には、聖武軍の斥候と竜顔宮の全てを騙した暗部。

    いいつ大嘘をつく。

    更に重要なのは、彼の野心は」を目指し、淮安。

    いったんこの座の首府攻略、莫州おそらくは歩に凉州の後塵、全面的に陥落!

    毕其功は役!

    「族の武勇の下で、震えるだろう!」

    数万のように鉄騎テンマと、直接に参戦し、強弱瞬間を逆さまに、昂格をにたりて天地をどよもす怒号、士気究極まで上昇。

    勢ぞろいて、たとえ莫言振る舞い、莫可に匹敵するしかないのも、小さい範囲の内でが跋扈し、戦闘の経験不足を彼女にしか気かしない叫び、有効に変えて。

    で大々的に敵に向かって、纪英配下の騎士は窮地に落ちる瞬間。

    かつてない危機情勢は、おそらくただ任夏虎自ら兵を率いる城を助けて、やっと逆転の可能性。

    しかし虎威侯は決してそのなどの愚かな行為。

    それにも等しい用淮安上下の命と引き換えに、纪英一軍の貯金を求めて。

    そう、ひょっとして間違いなく死ぬ!

    は!

    言うが早いか、見て大日鉄騎が王帐内から踏み出し、淮安南西の山林で、1本の高い1の光華に激しく揺れる、頭を見回す生威の光り輝く天竜、撲撃で。

    竜顔宮の驻兵、天烈軍!

    このは火部主掌の軍隊は、北の境で何度も滅殺大日族威風出撃、今回、従来の硬衝硬撼また別。

    をはじめとする者が君臨してから、1匹の万裏の神としての駒、虎目される。

    彼の穏やかな心神井戸を走らなかった水月、敵味方の情勢、天烈軍は彼の率いるを器用に不思議だ勢いにカットオフ鉄騎軍勢。

    一方、と共に輝かしい剣光も遠くから电射星驰まで飛び、人剣合一、突き刺し大日王帐……

    この剣で西、天外飛仙!
前へ 目次 次へ