中国ネット小説2CHread.com

第四章大乱を起

    一番早く更新召喚最新章節の寵児!

    「えっ、らは私をつかんで母親のか!」

    楚枫ぼんやりしたいと、脳裏の中で収集した情報王怜花グレコ・バクトリア王国各皇子、チャンネル「手を引っ込めろ!」

    さっと!

    金芒消えて、天地は清明。

    そのボロボロで、1通を衝か完全愚昧に落ち浩宇巡遊舟いじいじしているに寄せてくるのほか、すべての安寧、先の大戦ようも起こったことがない。

    楚枫見て绿水青山の環境下で、満足して頷く。

    莫州本無砂漠は、大日族連年の交戦、大日王帐あおられ、になって今の必要となる、楚枫ほしくない将来青州歩その後塵。

    幸い、事実の証明、大日王帐も改良余地が期待でき、完全に、魯妙子などが始まるの努力のもとで、この兵器の一層の。

    「この人はさすがに冠した魔刀と呼ばれ、良い生凶暴!」

    楚枫知らなくて、彼のこの喜びの色をつけて落ちる化虹の一群の人の目には、瞬間を添えた凶横覇道のラベル、心の恐懼するパニックは言葉に出来ない。

    このアニマはまるで殺人魔ですね、一言が合わない痛みでキラー!

    しかし皇子殿下交代の仕事を完成しなければならない、まして俎上の魚、生死を全係に相手の一念、をはじめとする男があれば楚枫だけにお辞儀をしながら「尹秋憶見楚宗主!」

    楚枫彼を見ていてその身なじみの役所や腰の小さくて丸い鏡、笑って、「閣下が新任掌鏡を?」

    尹秋憶瞳はやや収縮、再び屈む、本場:「ありがとう恭敬も楚宗主助ける!」

    一年以上前には、手を楚枫単偵から鏡の位置に掌を引き降ろして、令其の開き、全体にとって日鏡司は、恥と恨み。

    しかしただある人に感謝したい楚枫、自然は交代単偵の新任掌鏡を。

    知っている日に初鏡司分、掌鏡を使い、同知、執事、司卫五など、それぞれ官服刺繍キリン、獅、豹、虎や狼。

    初の地位だけ受けにもかかわらず、帝王管轄、掌を資格は鏡によって別居二品の4品官職名、権勢滔天さえも、朝中一品大官も等閑に感情を害するたくない。

    尹秋憶新任掌に鏡を、たとえ独身偵ようにつけ末っ子で、いわば沙弥から長老。

    ただ彼が大胆に本当に感謝の言葉を討議の明面に面倒を恐れず、事後上半身だけでは、この状況に柔軟に応じるの迫力は、楚枫若い者には油断がならぬ「どうぞ、手を伸ばして!」

    「ください!」

    みんな来て核心区域、施雨真や東シナ海で人は避けて、他坊主はお経愛のかたまりも、ただ梅长苏和寇仲立は楚枫後ろ。

    でも本当着座時は、楚枫の向こうには、非尹秋憶ではなく、1位の高いやせさ作文士オシャレな男。

    この人は顔は白くて、ハンサムであか抜けて、以前はマイナス手駅すぐ、なんだか風流自赏の気質も魅力、両眼を開閉時間、雷光、もっと見せてきわめて深い武道修を、突然一人の感魂あちらこちら。

    「宋士杰久仰楚宗主大名、今日のいたりと……」

    しかし彼の言葉には、文人名士範のお髭の塵を払う満面の誠実、それが本当に尊敬した数十年の歳月楚枫ように、驚くほど厚かましい。

    兄は「宋慧王府幕僚?さすが絶世驕、非凡な手!」

    楚枫思わず感嘆わけは人ではなく、彼の背中のボス。

    それを連想斉王に奔走する幕僚宋玉わずか築霊修養、この方は十分に玄品宗門の定海神針、双方の比較、高下立判。

    これもない、しかし皇9子の中で、2位を占め潜龙皇子かつてランキング状元榜眼の位は百歳前後成就返虚尊位、振動の天下と呼ばれた絶世驕。

    彼らは二皇子麟王と三皇子慧王。

    たとえ後も数人ですべての王室皇子にこだわらない資源の供給の下で、成功を返虚が最後まで声が最高で、相変わらず二人。

    すべての人は、次期グレコ・バクトリア王国帝皇、必ず彼らの間に発生。

    そうすると、この両皇子を中心に、どこか連合勢力の形成、雄渾で、甚だしきに至っては天道盟のよりに宗も負けてはいない。

    「いいえ、殿下論天下の英雄、称賛楚宗主伏妖降夷、確かにこの世の寵児、惜しい一面識もない、殘念だが、今回の殿下来駕恵州、最終的には葉わなかったが……」

    この背景には、宋士杰さらに場面話は暖かい春風、確実にせっかく。

    「よ……うん……褒めすぎです……来、勧めた!」

    しかし彼は本当に招待状を出す時、楚枫令弟子は勧めた、無理に話題をこしらえて応えて。

    「楚宗主、お暇とは、おお?」

    宋士杰顔ににこにこ、お母さんの心を売る。

    実際には、彼らのこれまで命浩宇巡遊舟忍び寄るは、悪意と愛のかたまりに門の下马威、彼らに知った大日王帐も横歩き。

    誰が知ってい下马威確かに上演され、双方の役は逆さまにし、屈辱の求降を経て、彼はまだ言えない雄々しく意気揚々としている誘緻の言?

    兵に常勢なししかない、会談……

    しかし楚枫なまぬるい態度は、宋士杰心にドキドキさせて、落ち着かない。

    案の定、彼の演説に近い愛情并茂ついに不可避の終瞭間際に、楚枫にっこり笑うと、立ち上がろ、外に行く。

    宋士杰顔色マイクロが住んでいない忍、後ろを「楚宗主、どこへ行きますか」

    「みなさん静かに座る!」

    楚枫は手を振った声が聞こえ、遥:“私に聞いてください靑蘿王女、彼女の意見!」

    ……

    ……

    「インド人!彼はついに青州に手を出したのですか?」

    王帐の奥に、環境の静寂な空間内で、李清萝自ら起き上がり、楚枫座ってください。

    北から環境に勝って、彼女はずっと隠居、この地に、静かに触れる万魂祭天反哺の利点。

    無の悔の誓いを立て余、得た利益なくその破军王戟ではなく、北境軍と大日族のそれぞれの1回の攻防が、毎回勝利、冥冥中にもパワー加持身。

    少しも誇張しないことを言うと、これは人を家に座って、経験の空。

    だから経歴だって顔宮の苦しみの後、李清萝キャラクターだけでなく、もっと成熟し、修業はめざましく発展の勢いに向かって更に返魂、感虚衝撃。

    そして、彼女楚枫来意を聞いて、すぐに皇子皇女間の関係瓶水を移すが如し。

    元李清萝と彼女の弟十皇子裕王、傾向于慧王、王七皇子は擁護麟王。

    「七哥と本宫先前にその陰に陽にたたかう、ただ双方の前戯手探りだけ……」

    李清萝はまず自嘲に笑うが、そしてどっしりして目が「父の皇が暗殺され、宗人府長老会はずが決断をして、今はなかなか太子かもしれない、舞台裏の必然はいろいろ角力……」

    目の前楚枫と異色:“あれはあなたは感じて、最悪の場合は何の局面になって?」

    李清萝しばらく黙って、一字一句トンネル:

    「九竜奪嫡、天下大乱!」
前へ 目次 次へ