中国ネット小説2CHread.com

第六章四王そろって

    一番早く更新召喚最新章節の寵児!

    「林さん、あなたは無事でいい、孤独でいい生心配!」

    林殊刚一現れるだけでなく、集中力が全て落ちて四方から王は第一時間護彼の体の前に、笑顔と暖かい、せっかく。

    したがって、この皇子は実は求才もし喉が渇いて、野心は余すところなく披露。

    「どうもさま!」

    母の妃の勢力の彼を支持し、今の情勢の下で、確かに機会がなく、林殊拱手1礼、レイトン顕親しい。

    「江冬蒿草隠れ偏舟、西風やせ雪凍狐裘。かつて若ごろ枯れ荷が、道情非万事連休。」

    斉王山の神に賸見する如し正当だと輝かしい明日を待っている自分に際し、清雅の詠唱が鳴り出す。

    七色に虹光で、一位明金ローブを着て、顔はハンサムであか抜けて、もし谪仙臨塵の男が一歩一歩進んで、すべての人の心の笑顔の印に間に、暖かい春風。

    王李元秀麟!

    斉王の大見栄と違って、彼は一人で、例えば文人墨客で、庭を歩く。

    一見白龙鱼服、実はの力の絶対自信、仕草、道妙昂然として、令楚枫顔も丁寧になって。

    万から妙の門点化、彼は武道の上にすでに高屋建瓴を理解し、更に振り返って見た衆返虚尊者対決、それではかつての見て分からない天機秘钥争奪戦今思えば本当に精妙绝伦。

    その中の最も強者に至って、きっとは花びら宫主花想容彼女の強さは、無量境の最も、紫府仙都が敵。

    今もこの李元秀、楚枫は直感で、その人の実力は絶対に花想容の下で。

    ふ、道は長いそのはるか遠いものだよ、私はいつようやく昇進返虚?」

    て天罡の気炼化後、錬罡境尊者手戦に頼って、甚だしきに至っては強大な伝承、紫雷さばき、蜀山御剣。、威圧空蝉さん、楚枫心に自得じゃないが、とに花想容と李元秀のような存在、すぐにいくらか慢心をすべて舎。

    強い相手でも、圧力を動力。

    もしグレコ・バクトリア王国一介の皇子も説得できない、またどのように全体の天下を?

    こちらは楚枫を狙って最もまばゆい絶世驕、あちら李元秀歩いたが、諸勢力がお辞儀をして、擁護の意を示し、間違いない。

    この詩武双ゼツの皇子、確かに最も人心。

    斉王とその前に空っぽな排場と比べて高下立判。

    「次兄、あなたが来た!」

    待が多い星アーチ辰の麟王梅園まで前に、王是非に及ばないの下で、同じくただお辞儀をして、頬が痙攣して、心の中はすでにほど憎い歯噛み。

    半年前、彼は麟王の支持者と、その時日光皇太子の位、安康だけ麟王和慧王の間に生まれ、彼は雌の妃の勢力は助アーム、妨害するためではなく、未来の帝皇グレコ・バクトリア王国が出身セレクション閣の皇太後。

    外戚干政歴朝歴代は禁物。

    しかし今天道盟刺皇一撃させ、瞬間情勢が、強大な外戚の皇子が一気にを備えた巨大な利点は、名を野心の種は体内で斉王狂気の成長。

    惜しい今変わって、やや遅れた。

    斉王本当に剛戻自ら用う、聞かないのですか?

    実はさもなくば、あの時のことだけに、安麟王の心を、功高震主だけ。

    しかし今は麟王をつかんで、この詩は先に前にしきりにいさめない果、怒りが立ち去って、斉王命人殺しの策士、着ても好き白裘、まったく一番陰険の離間殺人なく血。

    「会ったさまさまにいい文才!」

    案の定、林殊淡々とに向って、ニュアンスを高ぶらず卑屈にならず、態度も変わらん、王の心はすでにコツコツとして、キリンのがこの瞬間が届かない。

    「ははははっ、次兄は確かに文人墨客と、この林殊さんを困らせて、確かに喜び、惜しい今国境が不安定で、四夷不平、夫より同身を立てる、家と国の防衛よ!」

    しかし今日の梅園、運命を回復する数百年前の栄光は、まだ間に合う麟王と梅长ソ会話、道は豪快に大笑い声は鳴る。

    各循声望、見てたのはまるで人形じゃないのではなく、一団熾烈暴れ炎、燃え盛る火の如く、侵略。

    「なるほど、五弟来ました!」

    斉王李存进目1喜び、迎えに笑って。

    将来は烈王李阳焱、日光皇第五子。

    この人が生まれた時という生まれつき异象、偶数の日と、その中の1日降り、入る赤ん坊は体内の小さいときから異は常人の体質を持つ、修練火係陽係の仕事の原理半分の労力で倍の成果、正に一日に千裏を行く。

    それから烈王、感魂ボトルネックカードたのはとても長くて、成就返虚の年慧王麟王さんより年上は多くが、彼の尚武の心、勇烈の気がかえって朝廷に武将の一緻に認められ、聖武軍は侯纪威にしばらくの指導、半師のよしみ。

    乱世の中、にぎり兵権者が一緒になるのは戦争、烈王の優位が高騰するため、大日族一南下が侵入して、彼は筋金入りの主戦派、口も口は防衛郷裏で、还我河山。

    どうしてもこの言葉は、多くが合有誌の熱血気持ち、愛国の理念、林殊さえも例外なく、自発的に向かって前進烈王。

    麟王含み笑いを眺めていると、顕深かっ城府を王に憚るが、にも喜んで。

    少なくとも最も強い心の買収により麟王、彼は自信と烈王この無骨者も争う。

    「夫の未戦で庙算勝者、ても多いとは言え、未戦で庙算勝者が少ないとは言えない、も……」

    ただ、林殊真と烈王の話から北環境情勢に、両皇子傍聴から、顔が少し変わった。

    彼らは本当にこの人はまさかの兵法にがこれほど深い見解、もし烈王彼と協力して、まさか弁慶になぎなた?

    「林殊、十五年前华州林氏の日は前の王朝が検出されて鏡司余孽、人を絶滅時かつて脱出さん、あなたには?」

    三王眼差しで交流して、虚空には出迸射激しい火葬する際に、最後の1位も、恵州舞台裏の権力者は、慧王李乾风がついに登場。

    彼がないが、誘緻が直接この麒麟の、やや、頂前の王朝余孽の大きな帽子掛けてくる。

    慧王からは遅いのではなく、ずっと傍観。

    発見楚枫入梅園に取り殘された後、李乾风知って白晓行の腕前では持てないで林殊ない、乱暴走、時期を待つ、じっと待つタイミング。

    日まで鏡司から情報として、彼はようやくが出動切り札、壊すこの麒麟のが、決して彼に何人の弟に手が!

    「3番目が仕返しを笑いました!」

    林さんは「まさかと前の王朝の関係?」

    ときに三王一口に出づるが如しからメンテナンス、空気のような雰囲気の抑制凝実質、人々の顔に恐懼する、黙って下がっていて、ただ殘り梅園以外、四王対峙する!
前へ 目次 次へ